今日の映画は「シンドラーのリスト」

シンドラーのリスト

<1993年 アメリカ>

監督
スティーヴン・スピルバーグ

脚本
スティーヴン・ザイリアン

キャスト
リーアム・ニーソン
ベン・キングズレー
レイフ・ファインズ
キャロライン・グッドオール
ジョナサン・サガール

二次世界大戦、人の温かさを感じられるスティーヴン・スピルバーグ監督の超大作!!

今日5/8は二次世界大戦において連合国がドイツを降伏させたとして、ヨーロッパにおける勝利を記念する日です。

第二次大戦下、1200人のユダヤ人をナチスの虐殺から救ったドイツ人実業家オスカー・シンドラーの半生を描いた名作です。

でも長い!!195分あります(泣)
でも見ていて絶対に損のない映画です。

1993年に制作されたのですがモノクロで印象づけしたい箇所だけ赤いという演出が入っています。

主役のシンドラー役はここ数年でおじさまアクション俳優として名を名を馳せているリーアム・ニーソン。若くてダンディです。

実業家であり金儲けという野望で動く人物でした。
彼は工場経営でゲットーのユダヤ人を働かせて無償の人件費で稼ごうと企んでいたところ、ある光景を見て心変わりが起きます。

ナチが行う大量のユダヤ人虐殺の現状。

彼の心境の変化が起き、かれはユダヤ人達を強制収容所送りから救うリストを作る。
というお話です。

歴史に残る、世の中全体での道徳心を揺るがし、悲しい出来事として語り継がれるナチスの行いですが、その中にも正しい倫理観を持ち、得にもならなく、リスキーな行いで人助けをする。お金と巧みな話術で取引してユダヤ人を助けたシンドラー。

実話というのがより心に響きます。