今日の映画は「ブリッジ・オブ・スパイ」

ブリッジ・オブ・スパイ

<2015年 アメリカ>

監督
スティーヴン・スピルバーグ

脚本
イーサン・コーエン
ジョエル・コーエン

キャスト
トム・ハンクス
イヴ・ヒューソン
アラン・アルダ
エイミー・ライアン
ビリー・マグヌッセン
マーク・ライランス

トム・ハンクス主演映画にハズレなし!!

今日は、ソ連を偵察飛行していたアメリカ合衆国の偵察機、ロッキードU-2が撃墜され、偵察の事実が発覚したU-2撃墜事件がおきた日です。

それに因んだ映画「ブリッジ・オブ・スパイ」をご紹介します。

時は冷戦中の1957年、ブルックリンで画家を装い諜報活動を行っていたソ連のスパイルドルフ・アベルは、FBIに目をつけられ追跡されていました。彼はFBI捜査員に逮捕されてしまします。

そして、連邦裁判所から公平性を演出するため弁護士が必要で、法律事務所の保険担当弁護士の主人公が選出されます。

彼はスパイという自国の敵を弁護し非難を受けること・刑事事件も何年も担当していない事を懸念するが受け入れます。

弁護士として、保険の分野で実直にキャリアを積み重ねてきた彼は、これをきっかけに世界の平和を左右する重大な任務を委ねられます。
それは、自分が弁護したソ連のスパイと、ソ連に捕えられたアメリカ人スパイの交換を成し遂げることでした。

普通の暮らしをしていた保険担当弁護士に米ソの戦争を食い止めるため、真摯に困難な交渉に立ち向かうお話です。

タイトルのブリッジというのは、スパイ交換が行われたグリーニッケ橋を指しています。

主人公は敵国のスパイの為に奮闘し、それが家族を危険にさらすかもしれませんし、周りからの見え方も悪くなるかもしれません。
でも、それでも私情を挟まずに弁護士という仕事を全うしている姿とまっすぐ通った太い信念に心がゆさぶられます。

ラストシーンの橋の上での交渉はドキドキハラハラさせられます。