今日の映画は「ニューオーリンズ・トライアル」

ニューオーリンズ・トライアル

<2003年 アメリカ>

監督
ゲイリー・フレダー

脚本
ブライアン・コッペルマン
デヴィッド・レヴィーン
マシュー・チャップマン
リック・クリーヴランド

キャスト
ジョン・キューザック
ジーン・ハックマン
ダスティン・ホフマン
レイチェル・ワイズ
ブルース・デイヴィソン

法廷劇、陪審員、復讐、見ごたえのある法廷サスペンスの傑作!!

今日4月21日は1890年に民事訴訟法が交付された日です。
法廷映画は数あれど意外と「民事訴訟」での法廷サスペンスってすくなかったりすると思うんです
(テレビドラマはよくある気がしますけど)
本作は銃乱射事件の犯人が「使用した銃の製造メーカー」を相手にこの事件で夫を失った女性セレステ
が「民事訴訟」を起こす話なのですが、本作の見所は「陪審員コンサル」という
いかにもアメリカらしい伝説の陪審コンサルタントのフィッチとの対決がかなり見ごたえのある作品

アメリカの陪審員制度についてもお勉強できて一石二鳥です。