今日の映画は「劔岳 点の記」

劔岳 点の記

<2008年 日本>
監督
木村大作

脚本
木村大作
菊池淳夫
宮村敏正

キャスト
浅野忠信
香川照之
松田龍平
モロ師岡
螢雪次朗
仁科貴

山登りってストイック。

1800年のこの日に、伊能忠敬が蝦夷地の測量に出発したことにちなんで「地図の日」つけられました。

そんな本日ご紹介したい映画は「劔岳 点の記」です。

原作は新田次郎の小説で、実際に飛騨山脈の立山連峰で行われた山岳測量プロジェクトを扱っています。

日本地図を完成させるために信念と勇気をもって困難な山岳測量に取り組んだ男たちを描かれた作品です。

物語の山へと映画へ挑戦が垣間見れる作品です。
汚い格好の香川照之の役がまた味があり、印象的でした。

山岳での撮影というのもかなり大変なんだろうと感じられる映画で、
最後のエンドロールも淡々としているものですが、とても熱い気持ちが込められた印象を持ちました。