今日の映画は「デイ・アフター・トゥモロー」

デイ・アフター・トゥモロー

<2004年 アメリカ>

監督
ローランド・エメリッヒ

脚本
ローランド・エメリッヒ
ジェフリー・ナックマノフ

キャスト
デニス・クエイド
ジェイク・ギレンホール
イアン・ホルム
エミー・ロッサム
ジェイ・O・サンダース

異常気象が原因で突然、氷河期がやって来た

本日は世界気象機関(WMO)が定めた世界気象デーです。
そこでお天気に関連のある「デイ・アフター・トゥモロー」をご紹介します。

大ヒット作『インデペンデス・デイ』の監督ローランド・エメリッヒ監督が描いた、自然災害による地球の危機を描く衝撃のパニック映画です。

地球温暖化によって極冠の氷が溶けたことで、海流に異変が起き、その結果として超大型低気圧の「スーパー・ストーム」が発生して、地球に氷河期が訪れるというあらすじです。

街が瞬時に凍る場面は印象的で、観てるだけで寒くなります。
エミー・ロッサムが可愛い所だけは救われます。