今日の映画は「ハートロッカー」

ハートロッカー

<2008年 アメリカ>

監督
キャスリン・ビグロー

脚本
マーク・ボール

キャスト
ジェレミー・レナー
アンソニー・マッキー
ブライアン・ジェラティ
レイフ・ファインズ
ガイ・ピアース
デヴィッド・モース
エヴァンジェリン・リリー
クリスチャン・カマルゴ

主人公、大胆すぎ。

今日はイラク戦争が始まった日です。
それにちなんで「ハートロッカー」というアメリカ軍爆弾処理班を描いた戦争アクション映画をご紹介します。

この作品は、第82回アカデミー賞9部門にノミネートされ、作品賞、監督賞、オリジナル脚本賞、編集賞、音響効果賞、録音賞の6部門で受賞した名作です。

ちなみに”ハートロッカー”という意味は米国の軍隊における俗語で、
極限まで追い詰められた状態・もしくは棺桶のことをさします。

イラク戦争中の2004年、アメリカ軍の危険物処理班は、路上に仕掛けられた「即席爆発装置(IED)」と呼ばれる爆弾の解体、爆破の作業を進めていました。
ですが、準備が完了し彼らが退避しようとしたその時、突如爆発を起ります。

罠にかかり殉職した隊員に代わり、ウィリアム・ジェームズ軍曹(主人公)がやってきます。
死を恐れないかのように振る舞う彼をチームの軍人達は困惑します。
そして、彼らの困惑や不安をよそに地獄の炎天下で処理班と姿なき爆弾魔との壮絶な死闘が続きます…

死の隣り合わせの爆弾処理の臨場感・身近な人の死・家族・その場の友情や人間関係…
「アバター」を差し置いてアカデミー賞9部門とったのが理解出来る程に心にも残り、目が離せない作品です。

ただただ、死と隣り合わせの状況で自分が表現できて、普通の平凡な日常の休日生活はどこか虚しげ…な主人公は、
職業問わずどこか普通のサラリーマンとも共感できる人はいるのかな。と感じました。

でもいや、大胆すぎやろ!とツッコミを入れたくなるのは大阪の血なのでしょうか。