今日の映画は「ペイ・フォワード 可能の王国」

ペイ・フォワード 可能の王国

<2000年 アメリカ>

監督
ミミ・レダー

脚本
レスリー・ディクソン

キャスト
ハーレイ・ジョエル・オスメント
ケヴィン・スペイシー
ヘレン・ハント

ひとりの少年のアイデアが、世界を変える感動のストーリー

3月9日はありがとうの日。文字通りサンキューの日、ですね!

そんな日に見たい映画は「ペイ・フォワード」。

ラスベガスに住む少年トレバーは、社会科の最初の授業で「もし自分の手で世界を変えたいと思ったら何をする?」
という課題を与えられます。

そこでトレバーは「ペイ・フォワード」という考えを提案。自分が受けた善意や思いやりを、
その相手に返すのではなく、別の3人に渡すというもの。彼の試みは失敗したかに見えますが、トレバーの気づかないところで、
このバトンは次々に受け渡されていた・・・という作品です。

深く感動すること間違いなしのこの作品、サンキィーの日に、いつもの自分を振り返りつつ見てみるのはいかがでしょうか。