今日の映画は「シャイニング」

シャイニング

<1980年 イギリス>
監督
スタンリー・キューブリック

原作
スティーヴン・キング

キャスト
ジャック・ニコルソン
シェリー・デュヴァル
ダニー・ロイド
スキャットマン・クローザース
バリー・ネルソン
フィリップ・ストーン
ジョー・ターケル
アン・ジャクソン

頭がおかしいの?それもと本当になにかいる…?

本日は圧倒的な映像美を追求したスタンリー・キューブリックの命日です。
80年代に創造した未来の世界は大きなコンピューターに大きなモニタやボタン。
でも彼の「2001年宇宙の旅」ではタッチパネル…さすが美しい未来も見通す彼です。

その中でも本日はジャック・ニコルソンが扉に挟まれてる顔が有名な「シャイニング」をご紹介します。

スティーヴン・キング原作のホラー小説の映画化です。

寒い山奥にある冬は閉鎖されるホテルに小説家志望の主人公が管理人として家族を連れて、過ごすことになります。

以前の管理人が山奥で外にも出れない孤独に耐えられず妻・子を殺し自分も自殺したといういわくつきの物件だが、主人公は気にもとめず、活動に集中できると期待に満ち溢れています。

主人公の息子は不思議な能力があり、彼だけが超常現象を目撃する。主人公はそれにも気に留めず家族は猛吹雪によって下界と隔離されたホテルでの生活が始まります。

有名な血に溢れたエレベーター、双子の女の子、不思議にバーテンダーが存在するバー。
どのシーンも美しく、どこを切り取っても画になる作品です。

それと共に段々と精神が壊れていく家族たち。
彼らの運命をその目で目撃してください。