今日の映画は「映画 中村勘三郎」

映画 中村勘三郎

<2013年 日本>

監督
松木創

キャスト
中村勘三郎

稀代の歌舞伎役者の歩いた道のりを写す

歌舞伎は京都四条河原で出雲の阿国が歌舞伎踊りを始めたのが発祥と言われています。
その出雲の阿国が、江戸城で将軍徳川家康や諸国の大名の前で初めて
歌舞伎踊りを披露したのが1607年のこの日です。

そんな日にご紹介したいのは、「映画 中村勘三郎」。
2012年に惜しくも亡くなられた十八代目 中村勘三郎さんは
歌舞伎だけでなく、現代劇や海外公演など、精力的に活動した稀代の名優でした。
その彼に約20年間にわたって密着取材し、7000時間を超える撮影テープ、
膨大な記録映像から紡ぎ出された真実。稀代の歌舞伎俳優は、何処に向かって走り続けたのか。
私たちに、何を伝えようとしたのかを描き出します。