今日の映画は「櫻の園」

櫻の園

<1990年 日本>

監督
中原俊

脚本
じんのひろあき

キャスト
中島ひろ子
つみきみほ
白島靖代
梶原阿貴

春になると見たくなる映画

1859年のこの日、長崎県壱岐市で漁師53人が突風に遭い全員が死亡した。以前から漁師の間では、
春の初めの強い南風を「春一」と呼んでおり、
それを「春一番」と呼ぶようになりました。

そんな悲しい物語のある「春一番」という言葉ですが、春の訪れを告げる嬉しいものであることは変わりません。

そんな春に見たい映画がご紹介する「櫻の園」。ある女子高校の演劇部の、上演直前の舞台裏の騒動を中心に、
それに翻弄される少女達の複雑な感情を切なく描いた作品です。

少女たちの友情を繊細に静かに描ききったことで、
非常に高い評価を受け、第64回(1990年度)キネマ旬報ベスト・ワン受賞をはじめ各方面で高い評価を受けました。