今日の映画は「それでも夜は明ける」

それでも夜は明ける

<2013年 アメリカ、イギリス>

監督
スティーヴ・マックィーン

脚本
ジョン・リドリー

キャスト
キウェテル・イジョフォー
マイケル・ファスベンダー
ベネディクト・カンバーバッチ
ポール・ダノ
ポール・ジアマッティ
ルピタ・ニョンゴ
サラ・ポールソン
ブラッド・ピット

実話だからこそ、生きる想いに魂を揺さぶられる、衝撃の感動作

今日はエイブラハム・リンカーンの誕生日。2月第2週は『ニグロ歴史週間』です。

それにちなんだお話「それでも夜は明ける」をご紹介します。

“奴隷制度”という大義名分を得た瞬間、人間は同じ人間に対してどれほど非人間的な行動を取れるのかを暴いた物語です。

同時に、12年もの間、「いつか夜は明ける」と信じ続けた男の希望が、絶望の暗闇に打ち勝った奇跡を私たちに体験させてくれる、感動の物語。

家族と幸せに暮らしていた男が、突然、財産も名前も奪われ、奴隷にされてしまします。何故?どうして?それは黒人だから。

妻と子供たちに再び会うために、彼が生き抜いた11年8カ月と26日間──

彼のひたむきに絶望にある中でも希望を持ち続ける強い心がとても心揺さぶられます。