今日の映画は「縞模様のパジャマの少年」

縞模様のパジャマの少年

<2008年 アメリカ、イギリス>

監督
マーク・ハーマン

脚本
マーク・ハーマン

キャスト
エイサ・バターフィールド
ジャック・スキャンロン
アンバー・ビーティー
デヴィッド・シューリス
ヴェラ・ファーミガ
リチャード・ジョンソン

見たらズーンとします。でもホロコーストを知らない子供が犯してしまった過ち。

本日はドイツでヒンデンブルク大統領がヒトラーを首相に指名された日です。
沢山の人の運命を変えた日だととも言えますね。

そんなナチスの時代が舞台のお話、「縞模様のパジャマの少年」をご紹介します。

ナチス将校を父親に持つドイツ人男の子と、強制収容所内に収容されているユダヤ人男の子。
この2人の友情と悲しい運命を描いたヒューマンドラマです。

人種や世情に無知な子供たちの運命に胸が痛くなる作品です。
決して気持ちのよい作品ではありませんが、子供の無知さや純粋さ、ホロコーストの政治のお話はあまり出てきませんが、
それが及ぼす危険は2度と忘れないでほしいので、沢山の人にみてほしいです。