今日の映画は「ヴァージン・スーサイズ」

ヴァージン・スーサイズ

<1999年 アメリカ>

監督
ソフィア・コッポラ

脚本
ソフィア・コッポラ

キャスト
キルスティン・ダンスト
ハンナ・ホール
ジェームズ・ウッズ
キャスリーン・ターナー
ジョナサン・タッカー
ジョシュ・ハートネット
チェルシー・スウェイン
A・J・クック

今日は、ミシガン準州が州に昇格し、アメリカ合衆国26番目の州・ミシガン州となった日です。

それにちなんで、ミシガン州が舞台となった「ヴァージン・スーサイズ」をご紹介します。

ソフィア・コッポラの初監督作品で、少女の美しさ、儚さ、何もかもが永遠ではない事を表現された映画です。
オシャレ女子の心を掴んだ作品でもあります。
挿入曲も観た後に心に残ってサントラも評判な作品です。

どのシーンを切り取っても美しくて、画になります。
それもみどころなのですが、繊細で少し重い作品で心にズーンと残る作品です。

美しい姉妹、特にキルスティン・ダンストがとても可愛い!!
緑の中にいるブロンドでストレートの姉妹たちの緑と黄色の色もとても美しく鮮やかです。

何で生きてるのかな、という思春期特有(?)の悩みに訴えかけるものがあります。
是非ご覧ください。