今日の映画は「マグノリアの花たち」

マグノリアの花たち

<1989年 アメリカ>

監督
ハーバート・ロス

脚本
ロバート・ハーリング

キャスト
サリー・フィールド
ドリー・パートン
シャーリー・マクレーン
ダリル・ハンナ
オリンピア・デュカキス
ジュリア・ロバーツ

小さな町の美容院を舞台に女性たちの友情を描く

1月11日は世界で初めて人に対してインスリン投与が行われた日です。患者はトンプソンという糖尿病を患った14歳の少年でした。

「マグノリアの花たち」は、小さな町の美容院を舞台に、そこに集まる6人の女性の友情や絆を描いた作品です。
その中でジュリア・ロバーツが演じるシェルビーという糖尿病を患いながら、出産を切望する女性が出てきます。

この作品の脚本は、原作者でもあるロバート・ハーリング。
彼自身の妹が糖尿病患者で、出産後の合併症でなくなっており、その悲しみを癒すために戯曲として生まれ、1987年にオフ・ブロードェイで初上演されました。

その2年後に作られたこの映画では、若いジュリア・ロバーツのリアルな演技に加え、アカデミー賞女優である、シャーリー・マクレーン、サリー・フィールドといった有名女優たちの織り成す演技が見どころの作品です。